がん保険の賢い選び方

がん保険の比較RANKING

がん保険を選ぶ時は、先進医療対応の有無や保障対象となるがんの種類などをチェックしておくことが大切です。

がん保険TOP > 選び方

がん保険を選ぶ時のポイント

現在、日本国内ではさまざまな特色を持つがん保険が数多く販売されています。

それぞれ特徴が異なるので、その中からひとつを選び抜くのは困難ですが、がん保険はいざという時のための保険なので、妥協して選んでしまうともしもの場合に後悔することになりかねません。

万一がんになってしまった時でも安心の保障を受けられるよう、がん保険で注目したいポイントをしっかり押さえておきましょう。

ここではがん保険の賢い選び方を紹介します。

先進医療に対応している

先進医療とは、健康保険の診療で認められている一般の医療水準を超えた最先端医療として、厚生労働大臣から承認された医療行為のことです。

一般診療に比べて技術・治療効果が高いところが特徴ですが、技術料が非常に高い上、健康保険の適用外となるため、治療費用は全額自己負担になってしまいます。

そのため、がんの先進医療を受けるかどうかは患者の任意となっているのが実状です。

そこで生まれたのが先進医療対応のがん保険です。

先進医療対応のがん保険に入っていれば、先進医療にかかる治療費をしっかりサポートしてもらえるので、安心して先進医療を受けることができます。

最近は、オプションとして先進医療特約をつけられるがん保険が増えていますので、検討してみることをおすすめします。

すべてのがんに対応している

がん保険と言うと、すべてのがんに対応しているように思えますが、実はがん保険が適用されないケースも存在します。

その代表的な例が上皮内新生物です。上皮内新生物とは、粘膜の上層である上皮の内側にできたがんのことで、段階であらわすとごく初期の状態にあたります。

もちろん、そのまま放置しておけばどんどん進行し、悪性新生物(いわゆるがん)になってしまうのですが、上皮内新生物の状態で治療すれば、3年生存率はほぼ100%と言われています。

そのため、がん保険によっては、上皮内新生物は保障対象外となる場合が多いのです。

ただ、上皮内新生物でも治療費がかかるのは同じことですので、がん保険を選ぶ際は、上皮内新生物も含め、すべてのがんに対応しているものを選ぶとよいでしょう。

支払い回数が無制限

がんは一度手術をすればそれで完治するという簡単な病気ではありません。

場合によっては何度も手術をする必要がありますし、退院しても、長期間かけて通院治療を続けることもあります。

また、がんは再発する危険性もあるので、一度治療しても、再発・転移してしまった場合は、また新たに入院・手術を行う必要があります。

そのため、給付金の支払い回数に制限がある保険は、がんの性質を考えるとややリスクのある商品と言えるでしょう。

実際には、国内で販売されているがん保険のほとんどは、入院給付金および手術給付金に支払い回数制限をもうけていません。

しかし、中には回数制限をもうけている保険もあるので、保険選びの際は保障内容をよく確認するようにしましょう。

本人型の保険

自動車保険や生命保険同様、がん保険にも『家族型』『夫婦型』と呼ばれるセット型保険があります。

これらのタイプでは、夫婦または同居の家族が一緒に保険に入った場合、それぞれ単体で加入するよりも保険料が安くなるというメリットがあります。

しかし、保険には主契約者というものが存在しており、何らかの理由で主契約が解約されてしまうと、セット契約されていた配偶者や家族の保険も自動的に解約になってしまうおそれがあります。

保険料が安くなるのは魅力ですが、解約のリスクを考えると、できれば本人型のがん保険を選んだ方がよいでしょう。

アフラック

医療保険・がん保険・女性保険なら アフラック。公式サイトで資料請求 !
www.aflac.co.jp

チューリッヒ生命

チューリッヒ生命ならあなたに最適なガン保険・医療保険をご提案!
www.zurichlife.co.jp/

アメリカンホーム・ダイレクト

アメリカンホームダイレクト(公式) アメリカンホームダイレクトはこちら
www.americanhome.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) がん保険の比較ランキング All Rights Reserved.