がん保険とは

がん保険の比較RANKING

がん保険とは、公的医療保険だけで補えない自己負担分を補填するための民間医療保険です。

がん保険TOP > がん保険

がん保険とは?

がん保険とは、その名の通り、原則としてがんのみを対象として保障を行う医療保険のことです。

悪性腫瘍、いわゆるがんは日本において1981年から死因のトップを独占しており、2006年の調査では死因の約3割を占める疫病として知られています。

これは日本だけの傾向にとどまらず、世界保健機関の調査によると、2005年の世界の死亡者5800万人のうち、がんによる死亡は実に13%を占めることが発表されています。

がん保険は、年々増え続けるがん患者本人および患者の家族にかかる治療費の負担を軽減し、治療に専念できるようサポートする医療保険となっています。

がん保険の歴史

日本におけるがん保険は、アメリカ合衆国のアメリカンファミリー生命保険会社(アフラック)が1974年11月に発売したものが初のサービスとされています。

当時、日本国内の生命保険会社や損害保険会社ががん保険などの第三分野保険を取り扱うことは禁止されていたため、がん保険分野は長い間、アフラックをはじめとする外資系保険会社が独占してきました。

がん保険の独占政策は2000年末まで続きましたが、2001年、ようやくがん保険分野への国内企業参入が解禁。

現在は外資系・国内系の保険会社がそれぞれの個性を活かしつつ、さまざまながん保険を販売しています。

がん保険の役割

がん保険の役割は、公的医療保険が定める自己負担分をはじめ、治療にかかる諸費用を補填することにあります。

日本では、国民は何らかの形で皆保険に加入することが義務づけられており、大多数のがん治療は国民健康保険などの公的医療保険によって行われます。

しかし、がん治療は長期間に及ぶ上、治療費そのものも高いため、公的医療保険だけでは多額の自己負担金が発生してしまいます。

また、公的医療保険では通院のための交通費や入院中の差額ベッド代、休職による収入の損失に対する保障は一切行われません。

がん保険は、公的医療保険だけではカバーできない治療費の補填はもちろん、治療にかかる諸々の費用を補うことで、がん治療の負担を大幅に軽減することが可能となっています。

アフラック

医療保険・がん保険・女性保険なら アフラック。公式サイトで資料請求 !
www.aflac.co.jp

チューリッヒ生命

チューリッヒ生命ならあなたに最適なガン保険・医療保険をご提案!
www.zurichlife.co.jp/

アメリカンホーム・ダイレクト

アメリカンホームダイレクト(公式) アメリカンホームダイレクトはこちら
www.americanhome.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) がん保険の比較ランキング All Rights Reserved.