実費負担型がん保険とは

がん保険の比較RANKING

がん保険には、一律の給付金を支払う定額払い型と、実費保障の実費負担型の2種類があります。

がん保険TOP > 実費負担型

実費負担型と定額型、どちらがお得?

がん保険にはいろいろな種類がありますが、給付金の支払いについては『定額払い型』と『実費負担型』の2種類にわかれています。

このうち、定額払い型とはよくある『入院日額○万円』という保障タイプで、実際にかかった費用にかかわらず、一律定額の給付金が支払われます。

一方、実費負担型とは、がんの治療にかかった実際の費用を保障するタイプの保険です。

たとえば入院日額1万円の定額払い型の場合、実際にかかった費用が1万5千円であったとしても、給付金は1万円しか支払われず、残り5千円は自己負担となってしまいます。

その点、実費負担型は1万5千円すべてが支払われるため、自己負担は発生しません。

そのため、最近は実費負担型のがん保険が注目を集めており、中には先進医療対応の保険も提供されています。

ただし、定額払い型に比べて実費負担型の方がお得かと言うと、必ずしもそうとは限りません。

実費負担型は自己負担分の心配をする必要はありませんが、その分、余分な給付を受けることはできません

一方、定額払い型は、実際にかかった費用にかかわらず、一律の給付を受けられるので、もし給付金よりも実費の方が少なかった場合、余った分を他の経費に回すことができます。

そのため、かかった費用にかかわらず、一律の給付金を受けたい場合は定額払い型を。自己負担分をなくしたい場合は実費払い型を選ぶなど、自分の方針に合った保険タイプを選ぶことが大切です

アフラック

医療保険・がん保険・女性保険なら アフラック。公式サイトで資料請求 !
www.aflac.co.jp

チューリッヒ生命

チューリッヒ生命ならあなたに最適なガン保険・医療保険をご提案!
www.zurichlife.co.jp/

アメリカンホーム・ダイレクト

アメリカンホームダイレクト(公式) アメリカンホームダイレクトはこちら
www.americanhome.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) がん保険の比較ランキング All Rights Reserved.