女性のがん保険について

がん保険の比較RANKING

女性のがん保険は、乳がんや子宮がん、卵巣がんなど、女性特有のがんを保障してくれるがん保険です。

がん保険TOP > 女性

女性特有のがん保険

がんにはいろいろな種類がありますが、中には女性特有のがんもいくつか存在します。

代表的な例としては、乳がんや子宮がん、卵巣がんなどが挙げられます。

これら女性特有のがんの罹患率は40代~60代がピークと言われていますが、最近では女性のがんの罹患率が上昇し、20代~30代でもがんに疾患する方が増えています。

女性特有のがんは他のがん同様、早期発見・早期治療で完治することができる病気なので、万一の場合に備え、女性特有のがん保険への加入を検討してみることをおすすめします。

女性特有のがんについて

代表的な女性特有のがんは、乳がん・子宮がん・卵巣がんの3つにわけられます。

乳がん

世界中でよくみられる女性のがんの代表的存在です。

西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯に乳がんに疾患すると言われており、早期発見と効果的な治療法が求められています。

日本人女性の場合、罹患する確率は25~30人に1人の割合となっており、疾患リスクとしては、妊娠・出産歴がないことや第一子の後であることなどのほか、飲酒や喫煙、高脂肪の食事など生活習慣に起因していることが確認されています。

疾患率は30歳代から高齢の女性ほど高くなる傾向にあり、早期発見のため、検診には胸部自己診断法やマンモグラフィーなどが取り入れられています。

比較的生存率の高いがんであるため、早期発見し、適切な治療を行うことで完治することができます。

子宮がん

女性のがんの中で最も罹患率の高い病気で、日本国内の子宮がんの疾患者数は2005年のデータで年間17476人と報告されています。

2008年のデータでは子宮がんによる死亡者数は年間5000人を超えており、年齢別に見ると、20代後半から40代前半まで増加した後、横ばいになる傾向にあります。

初期の子宮がんはほとんど自覚症状がなく、がんが進行して初めて不正出血などが見られるため、早期発見には定期的に検診を受ける必要があります。

乳がん同様、正しい治療を行えば手術後の5年生存率も高い傾向にあります。

卵巣がん

医学が進歩した現在でも、正確な原因がわかっていないという特殊ながんです。

高年齢の女性ほど高リスクになる傾向にあり、卵巣がんによる女性の死亡者の半数以上は50代~70代の女性となっています。

子宮がん同様、初期にほとんど症状がみられないため、発見されにくいというリスクがあります。

腫瘍が大きくなると、下腹部にしこりを感じたり、圧迫感を感じたり、膀胱が圧迫されて頻尿になるなどの症状が出始めるため、気になる症状を感じた場合はすみやかに婦人科を受診しましょう。

女性特有のがん保険

女性のがん罹患率の増加にともない、各保険会社では女性特有のがん保険の提供を進めるようになりました。

現在では通常のがん保険に女性がん特約をつけるタイプのものも多く、通常のがん保険同様、入院給付金を受けたり、がん診断給付金を受けることができます。

中には、乳房再建給付金など、独自の保障をもうけている保険もあるので、女性特有のがん保険を考えている方は、保障内容を比較検討してみるとよいでしょう。

アフラック

医療保険・がん保険・女性保険なら アフラック。公式サイトで資料請求 !
www.aflac.co.jp

チューリッヒ生命

チューリッヒ生命ならあなたに最適なガン保険・医療保険をご提案!
www.zurichlife.co.jp/

アメリカンホーム・ダイレクト

アメリカンホームダイレクト(公式) アメリカンホームダイレクトはこちら
www.americanhome.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) がん保険の比較ランキング All Rights Reserved.