がん保険の給付金の種類

がん保険の比較RANKING

がん保険には、診断一時金、入院給付金、手術給付金があり、それぞれの条件のもと、一定の金額が給付されます。

がん保険TOP > 給付金の種類

がん保険の給付金について

がん保険の給付金にはいろいろありますが、代表的なものとしては『がん診断一時金』『入院給付金』『手術給付金』『死亡給付金』の4種類にわかれています。

それぞれ給付される条件や金額が異なるのはもちろん、保険会社によっても大きな差が生まれます。

そのため、がん保険に加入する際は、最低でもこの4つの給付金の条件・金額を確かめ、比較検討してみることをおすすめします。

ここでは4つの給付金の給付条件と金額の目安を紹介します。

がん診断一時金

がんと診断された時点で給付されるがん診断一時金は、がん保険を検討する中で最も重要になるポイントのひとつです。

がん診断一時金の金額はおよそ50~100万円程度が目安となっていますが、中には入院給付金日額×100倍といった特殊な給付金を設定しているところもあります。

また、がん診断給付金については、回数制限を設けているところもあります。

ほとんどのところは1回のみとなっていますが、中には前回がんと診断された時から一定期間が経過していることを条件に、回数無制限としているところもあります。

入院給付金

がん治療で入院した場合に支払われる入院給付金は、各保険会社によってそれほど差はありません。

基本的に日数は無制限。給付金にはいくつかのコースがあり、ほとんどの保険では1万円または2万円コースがメインとなっています。

中には3万円、4万円と高額設定可能な保険もあるので、比較検討してみるとよいでしょう。

手術給付金

がん治療で手術した場合に支払われる手術給付金は、1回の手術に対し、固定額で支払われるタイプが主流です。

金額はまちまちですが、がんの手術には健康保険が適用されるため、10~20万が目安となっています。

中には、入院日額給付金の20倍など、決められた倍率をかけて算出した金額が支払われるタイプもあります。

死亡給付金

がんで死亡した場合に給付される死亡給付金ですが、こちらは付帯されているケースそのものが少ないと言えます。

なぜなら、がん保険はあくまでがんの治療にかかる費用を保障するものであり、死亡保障については他の生命保険がカバーしてくれるからです。

中には死亡給付金を付帯したがん保険もありますが、低いところでは10万円、高いところでも100万円以下に設定されている場合がほとんどです。

そのため、死亡保障に関してはがん保険に頼らず、あくまでおまけと考えておいた方がよいでしょう。

アフラック

医療保険・がん保険・女性保険なら アフラック。公式サイトで資料請求 !
www.aflac.co.jp

チューリッヒ生命

チューリッヒ生命ならあなたに最適なガン保険・医療保険をご提案!
www.zurichlife.co.jp/

アメリカンホーム・ダイレクト

アメリカンホームダイレクト(公式) アメリカンホームダイレクトはこちら
www.americanhome.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) がん保険の比較ランキング All Rights Reserved.