がん保険のメリットとデメリット

がん保険の比較RANKING

がん保険にはもしもの場合を保障してもらえるメリットがありますが、反面、がん保険ならではのデメリットもあります。

がん保険TOP > メリットとデメリット

がん保険のメリットとデメリット

がん保険は、万一の時に手厚い保障を受けられる便利な保険です。

特に日本の死因トップ3に名を連ねるがんに特化した保険なので、今後の生活を考えると、ぜひ検討しておきたい保険のひとつと言えるでしょう。

しかし、がん保険にはメリットだけでなく、いくつかのデメリットも存在します。

がん保険は毎月保険料を支払って維持するものなので、メリットだけでなくデメリットもよく理解し、納得した上で契約するようにしましょう。

がん保険のメリット

がん保険のメリットは、公的医療保険だけでカバーできない自己負担分を補填できるところです。

がんの治療には、通院費・入院費・手術費などが必要となりますが、このうち、診療費や施術費には公的医療保険が適用されます。

しかし、公的医療保険で定められた自己負担金は別途支払う必要がある上、先進医療を受ける場合は健康保険の適用外となってしまいます。

また、個室を利用する場合の差額ベッド代や、通院にかかる交通費など、診療費や施術費以外の費用は健康保険で補うことはできません。

がん保険なら、自己負担分の補填に加え、治療にかかるさまざまな諸経費を保障してもらえるため、患者本人や患者の家族の経済的負担が大幅に軽くなります。

がん保険のデメリット

がん保険はその名の通り、がんに特化した医療保険なので、基本的にがん以外の保障を受けることはできません。

そのため、ケガや他の病気にかかった場合は保険適用外となり、諸々の負担がかかってしまいます。

また、がん保険は掛け捨てタイプが一般的なので、よくある積立タイプの生命保険に比べるとややもったいないタイプの保険と言えます。

ただ、最近のがん保険は特約をつけることでケガやがん以外の病気を保障したり、がん保険を数年間利用しなかった場合、『健康お祝い金』をもらえるサービスなどをつけているところもあります。

アフラック

医療保険・がん保険・女性保険なら アフラック。公式サイトで資料請求 !
www.aflac.co.jp

チューリッヒ生命

チューリッヒ生命ならあなたに最適なガン保険・医療保険をご提案!
www.zurichlife.co.jp/

アメリカンホーム・ダイレクト

アメリカンホームダイレクト(公式) アメリカンホームダイレクトはこちら
www.americanhome.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) がん保険の比較ランキング All Rights Reserved.