がん保険の保障内容

がん保険の比較RANKING

がん保険では、入院や手術のほかに、通院や先進医療などを保障してくれるタイプも存在します。

がん保険TOP > 保障内容

がん保険で保障される内容

がんにかかり、治療を受けた時に給付金をもらえるがん保険ですが、具体的な保障内容はどうなっているのでしょうか?

実際の保障内容は各保険会社によって異なりますが、ここでは一般的ながん保険で受けられる保障内容を紹介します。

がん入院給付金

がんで入院している間にかかる費用を補填するための給付金です。

よく『入院日額1万円』などの表記が見られますが、これは入院1日分に対し、1万円の給付金を支払うということです。

がんの入院は長期に及ぶことが多いので、ほとんどの保険会社では入院給付金について日数無制限の保障をもうけています。

実際の1日あたりの給付金については5000円、1万円、1万5000円などいろいろありますが、個室を使用した場合、差額ベッド代として1万円程度の費用が必要になるため、個室を検討している方は最低でも入院日額1万円以上の保障をかけておきましょう。

手術給付金

がんの手術を行った場合に支払われる給付金です。

手術給付金の種類は保険によって異なり、手術の種類によって分類されている場合や、1回の手術に対して一律の給付金を設定している場合があります。

がんと診断された場合、手術をする可能性が高いので、がん保険の中でも特に重要視したいポイントと言えるでしょう。

がん診断一時金

がんと診断された時点で支払われる給付金のことです。

がんになれば入院・手術というイメージがありますが、中には通院による抗がん剤治療を行うこともあります。

通院の場合、入院や手術給付金は支払われないため、通院にかかる交通費、診察料、薬代など、さまざまな負担を強いられることになります。

そのため、入院や手術にならなくても確実に受け取れるがん診断一時金があるかないかで大きな差が出ると言えます。

通院給付金

がんによって通院治療する場合に支払われる給付金のことです。

がんは入院・手術を経て退院した後でも、通院による治療を受けなければならないので、通院給付金は必須項目です。

ただし、通院給付金に関しては、給付に所定の条件(入院20日以上など)がもうけられています。

条件は保険によって異なるので、どのような場合に通院給付金が支払われるのかをあらかじめチェックしておきましょう。

先進医療給付金

がん治療で先進医療を受けた場合に支払われる給付金です。

近年、がん治療に先進医療が取り入れられていますが、健康保険などいわゆる公的医療保険では、先進医療は適用対象外となってしまいます。

先進医療は特に高額な医療費がかかってしまうため、もしがんにかかった場合、先進医療を考えている方は、先進医療給付金のついたがん保険を選ぶようにしましょう。

各種祝い金

がん保険の中には、通院や入院、手術にかかった実費を補うだけでなく、各種お祝い金を支払うものも存在しています。

代表的なものとして、退院した際にお祝い金を受け取れる『退院祝い金』や、一定期間がんにならなかった場合に受け取れる『健康祝い金』などが挙げられます。

特に健康祝い金については、掛け捨てタイプの多いがん保険において積立てのような役割を果たしてくれるので、掛け捨てはもったいないと考えている方におすすめです。

ただ、退院祝い金については、入院日数に制限がもうけられている場合がありますので、きちんと確認しておきましょう。

アフラック

医療保険・がん保険・女性保険なら アフラック。公式サイトで資料請求 !
www.aflac.co.jp

チューリッヒ生命

チューリッヒ生命ならあなたに最適なガン保険・医療保険をご提案!
www.zurichlife.co.jp/

アメリカンホーム・ダイレクト

アメリカンホームダイレクト(公式) アメリカンホームダイレクトはこちら
www.americanhome.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) がん保険の比較ランキング All Rights Reserved.