保険料を安くする裏技を紹介

がん保険の比較RANKING

支払い方法を見直したり、割引制度を活用することで、がん保険の保険料を節約できる場合があります。

がん保険TOP > 裏技

保険料を安くおさえるには?

がん治療にかかる経済的負担を軽減してくれるがん保険ですが、毎月の保険料が家計を圧迫してしまっては本末転倒です。

毎月かかる保険料を節約できればそれに越したことはありませんが、保険料の安さばかりを重視すると、いざがんになった時、十分な保障を受けられない場合があります。

よって、がん保険を選ぶ時はまず保障内容を重視し、保険料の節約に関しては、支払い方法の見直しや各種割引制度を活用することをおすすめします。

ここではがん保険の保険料を安くする裏技を紹介します。

支払い方法を見直す

がん保険の保険料の支払いは、契約者の任意に応じて月払いと一括払いのどちらかを選択することができます。

月払いの方が一度に支払うお金は少なくて済みますが、保険会社の中には、一括払いすることで保険料を割り引く制度をもうけているところがあります。

また、月払いや一括払いの他にも、半年払いや一時払い、前期全納などさまざまな方法があります。

ここでは、保険料の支払い方法とその特徴を一覧にまとめてみました。

月払い 1年分の保険料を12ヶ月に分割し、毎月一定額を支払っていく方法です。最もスタンダードなタイプですが、支払い方法による割引を受けることはできません。
半年払い 1年分の保険料を2分割し、半年ごとに支払う方法です。月払いに比べて約1%ほど割引されます。
年払い 1年分の保険料を前払いで支払う方法です。半年払いに比べてさらに割引率が上がり、約2%ほど割引となります。
一時払い 保険期間の保険料を全額一括で支払う方法です。最も割引率が高いのでお得ですが、契約が満期を迎えるまでに被保険者が死亡した場合でも、支払った保険料は戻ってこないというリスクがあります。
前期全納 保険期間の保険料を全額前払いする方法です。一時払いと似ていますが、契約満了までに被保険者が死亡した場合、残期間分の保険料が返還されます。一時払いより割引率は低いものの、そのぶん安全性の高いタイプと言えるでしょう。

条件付き割引の適用

がん保険には、健康状態や生活習慣によって保険料を安くする条件付き割引がもうけられています。

健康体割引

健康体割引とは、契約時点で健康体であることを提示することで、保険料を割引してもらえる制度です。

健康体割引を受けるためには、健康診断を受け、血圧や体格(BIM値)、尿タンパク、尿血糖などの数値が一定の健康水準を満たしている必要があります。

基準となる数値は保険会社によって異なりますが、会社の健康診断などで問題なしと診断された場合は適用される可能性が高いので、申請してみることをおすすめします。

非喫煙者割引

喫煙はがんの罹患率を高める原因であると医学的に立証されているため、喫煙者よりもがんリスクの少ない非喫煙者は保険料の割引を受けられる場合があります。

割引率は保険会社によってまちまちですが、中には30%オフとなる場合もあるので、非喫煙者の方はぜひ活用してみましょう。

非喫煙者割引を受けるためには、ニコチン検査を受け、自分が非喫煙者であることを提示する必要があります。

アフラック

医療保険・がん保険・女性保険なら アフラック。公式サイトで資料請求 !
www.aflac.co.jp

チューリッヒ生命

チューリッヒ生命ならあなたに最適なガン保険・医療保険をご提案!
www.zurichlife.co.jp/

アメリカンホーム・ダイレクト

アメリカンホームダイレクト(公式) アメリカンホームダイレクトはこちら
www.americanhome.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) がん保険の比較ランキング All Rights Reserved.